【2021年】ファッションのレンタルサービスに関するアンケート『1位はairCloset 4人に1人が利用している』

ファッションレンタルアンケート

調査の目的

ファッションにおいてレンタルサービス(サブスク含む)の利用状況が現状どのようになっているかを把握するため、昨年に引き続きアンケートを実施しました。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2021年7月8日~7月11日
  • 調査対象:サービスを利用したことのある全国の20代以上の女性108名

ポイント

  • 最もよく利用されているサービスはairCloset、25%と4人に1人が利用
  • airCloset、MECHAKARI、きもの365の上位3つで50%と半数を占める

調査回答者の属性(n=108)

インターネットにて全国108人のファッションのレンタルサービスを利用したことのある女性にアンケート調査しました。

アンケート回答者の属性は以下の通りです。
年齢
職業

最も利用しているサービス

最も利用するサービス
最もよく利用しているファッションのレンタル(サブスク)サービスは、1位「airCloset 25.0%」、2位「MECHAKARI 16.7%」、3位「きもの365 8.3%」となりました。

なかでもairClosetは25.0%と、4人に1人が利用しているという結果になりました。

2020年アンケート時も、同様に1位から3位まではairCloset、MECHAKARI、きもの365でしたので、1年で大きくシェアに変化はありませんでした。

また、上位3サービスのairCloset、MECHAKARI、きもの365の合計で50%と、利用者の半分を占めています。

10位以下の回答があったサービスは以下の通りです。
Cariru、EDIST.CLOSET、おしゃれコンシャス、wargo、LULUTI、RENCA、Liliarge、ワンピの魔法

■2020年の調査結果:【2020年】ファッションのレンタル(サブスク)サービスに関するアンケート

サービスを利用する時に最も重視したポイント

サービスを利用する時に最も重視したポイント
サービスを選ぶ際に重視したポイントでは、「自分が利用したいシーンのアイテムがあるかどうか」が最も多く25.9%となりました。

続いて、「洋服などアイテムのラインナップ数」が25.0%、「料金」が24.1%となりました。

料金は重視しつつも、利用したいアイテムがあるかが最も重視されているという傾向があらわれました。

利用シーンは?

利用シーン
レンタルした洋服・ドレス・着物・バッグなどの利用シーンでは、「結婚式やパーティーなどの式典・イベント」が最も多いという結果になりました。頻繁に利用しないアイテムをレンタルするということが多いという傾向があらわれました。

2020年7月の調査結果では、「フォーマル・カジュアルあわせてオフィスで着るためという方が29.1%と3割弱、カジュアルな普段着が19.8%と2割弱」という結果でしたが、2021年の結果ではオフィスと普段着の数が同じになりました。少なからずテレワークの影響が出ている可能性が推測されます。

その他の回答としては、旅行先での利用などがありました。

今後レンタルで利用してみたいアイテムは?

今後利用したいアイテム
今後利用してみたいレンタル(サブスク)のアイテムについては、ドレスが最も多い回答となりました。

利用シーンの結果でもオフィスでの利用需要が減っていましたが、2020年1位だったスーツ・ジャケットも2021年の調査結果でも2位と、若干ニーズが落ちているという傾向があらわれました。

まとめ:4人に1人とairClosetが最も良く利用されている

最後に調査の要点をもう一度まとめておきます。

ポイント

  • 最もよく利用されているサービスはairCloset、25%と4人に1人が利用
  • airCloset、MECHAKARI、きもの365の上位3つで50%と半数を占める

レンタルサービス(特に定額サブスクサービス)が増えてきて、ファッションに関しても買うか借りるかが、ますます自由に選べるようになりました。

引き続きサブスクのレンタルサービスが普及していくと予想されます。

関連おすすめ記事

ファッションレンタル 洋服レンタル ランキング1
【2021年】人気ファッションレンタル(洋服レンタル)・サブスクおすすめランキング!20代・30代・40代・50代年齢別に最適なレディースサービスを紹介

ファッションレンタル・サブスクの人気キーワード

-洋服レンタル・サブスク, ファッション情報・コラム