【保存版】おしゃれな人気おすすめメンズビジネスバッグブランド37選!かっこいい通勤カバンの選び方

おしゃれで人気のおすすめメンズビジネスバッグブランド

【2020年版】おすすめのメンズビジネスバッグブランド

カスタムファッション編集者が独自の指標で、有名ブランド37選を比較してランキング形式にしてみました!

どのブランドが良いのかが分からない方や、おしゃれなビジネスバッグを探している方は、是非、参考にしてみてください!

その他にもメンズビジネスバッグの選び方や、3WAYビジネスバッグビジネスリュック、トートバッグごとにおすすめのブランドを紹介しています!

すぐにランキングを見る

最近流行りのメンズビジネスバッグの種類は?

ビジネスバッグと言ってもさまざまな種類がありますね。そこでまずは、最近流行りのビジネスバッグを種類ごとに紹介していきます。

どういったビジネスバッグが自分に合っているのかが分からない方は、是非、参考にしてみてください。

① ブリーフケース|もっともスタンダードなビジネスバッグ!

ビジネスバッグ ブリーフケース

ブリーフケースは、もっとも定番なビジネスバッグです!

書類を入れるための鞄のためA4サイズが基本で、本革素材であれば世界中で通用します。

最近は機能性が重視されており、耐久性に優れ、雨に濡れても大丈夫な、ナイロンやポリエステルなどの素材が使われることが多くなってきました。

デメリットとして、肩に掛けたり背負ったりできないため、長時間の移動に向いていないことと、荷物があまり入らないことです。

但しもっとも定番のビジネスバッグなので、営業マンや就活生の方におすすめのバッグです!やはり身なりがしっかりしていると、信頼してもらえますよ!

② トートバッグ|ノートパソコンなど荷物が多い方におすすめ!

ビジネスバッグ トートバッグ

トートもビジネスバッグとして人気のバッグです!

人気の理由は、持ち手がブリーフケースよりも大きいので肩に掛けられることと、口が大きいので荷物の出し入れがしやすいためです。

また、ビジネスシーンだけでなく、カジュアルシーンでも利用できる点も人気の一つです。

サイズも比較的大きいので、ノートパソコンなど荷物が多い方におすすめのバッグです。

③ リュック/バックパック|自転車通勤の方のビジネスバッグとしておすすめ!

ビジネスバッグ リュック/バックパック

リュック/バックパックの一番のメリットは、背負えるので両手が使えることですね!

本来ビジネスシーンにおいて、リュック/バックパックを利用することは好ましくありません。

しかし、近年はカジュアル服OKな職場が増えてくるなど、多様性が受け入れられるようになり、リュック/バックパックなどを利用するビジネスマンも多くなってきました。

カジュアル服がOKな職場の方や、両手が使えることから自転車通勤の方におすすめです!

④ アタッシュケース|鍵付きで機密性が高いバッグ!

ビジネスバッグ アタッシュケース

アタッシュケースは、頑丈で鍵付きということもあり、重要な書類を持ち歩くビジネスマンに人気です!

映画でも現金や重要な物を運ぶ際に良く使われていますね!

そのため、普段から重要な書類などを持ち歩くビジネスマンにおすすめです!

⑤ ダレスバッグ|書類を入れる鞄として良く使われる!

ビジネスバッグ ダレスバッグ

ダレスバッグは書類を入れるためのバッグで、書類の出し入れがしやい構造となっています。そのため、書類を持ち歩くことが多い弁護士の方や税理士の方に人気です!

また、ダレスバッグは高級感を演出してくれるのと、持っているだけで「仕事ができる人」に見えることがメリットですね!

そのため、書類を持ち歩くことが多い弁護士や税理士の方、高級感を演出したい方におすすめです!

⑥ 2WAY・3WAY|今流行りの複数の役割を果たすバッグ!

3WAYバッグ 手に持つ 肩に掛ける 背負う

現在流行っているのが、複数の役割を果たす2WAYバッグや3WAYバッグです。

2WAY・3WAYとは?

  • 2WAY:①手に持つ、②肩に掛けるという2つの役割を果たすバッグのこと
  • 3WAY:①手に持つ、②肩に掛ける、③背負うという3つの役割を果たすバッグのこと

2WAYバッグは以前からありましたが、近年は①手に持つ、②肩に掛ける、③背負うという3つの役割を果たす3WAYバッグが人気となっています!

3WAYバッグの良いところは下記のとおり。

良いところ!

  • 背負えるので自転車通勤でも利用できる
  • 容量が大きいので、たくさん収納できる
  • その日の気分やコーデに合わせて変更できる

3WAYビジネスバッグの魅力は、背負えることができ、比較的容量が大きいので、自転車通勤の方や荷物が多い方に人気です。

また、その日の気分やコーデに合わせて、役割を変更できるので、ビジネスシーンとカジュアルシーンの両方で活用できるのも魅力です!

3WAYビジネスバッグ!おすすめ人気ブランドを厳選ランキングで紹介!
3WAYビジネスバッグ29選!おすすめ人気ブランドを厳選ランキングで紹介!

メンズビジネスバッグ選び方のポイントは?

上記で紹介したとおり、ビジネスバッグにはいろいろなタイプがあります。

そこでここでは、ビジネスバッグの選び方についてポイントを紹介していきます。

【ポイント①】バッグのタイプや容量を確認する!

まず最初のポイントは、バッグのタイプや容量です。

普段から荷物が多いのか、スマホやお財布を入れとくだけなのかなど、普段利用するシーンを思い浮かべながら、理想のバッグを選ぶことが重要ですよ。

そこで利用シーンを踏まえた上で、おすすめのバッグのタイプを紹介していきます。

おすすめタイプ!

  1. ブリーフケース:人と会うことが多いビジネスマンにおすすめ!
  2. トートバッグ:ノートパソコンなど荷物が比較的多い方におすすめ!
  3. アタッシュケース:重要な書類やファイルを持ち歩く方におすすめ!
  4. ダレスバッグ:普段から書類を持ち歩く方や高級感を演出したい方におすすめ!
  5. リュック/バックパック:カジュアル服OKな職場の方におすすめ!
  6. 3WAY・2WAYバッグ:機能性を重視したバッグが欲しい方におすすめ!

まず、1つ目のブリーフケースですが、こちらはビジネスバッグの王道ですので、お客様と会う機会の多い営業マンや就活生におすすめです。

身なりや持ち物がしっかりしていることで、相手へのリスペクトを表し、信頼できる印象を与えることができますよ。

続いて2つ目のトートバッグですが、肩に掛けられるので、持ち物が多いビジネスマンにおすすめです!

また、スーツとカジュアル服の両方のコーデに合わせやすいので、カジュアル服OKな職場に勤めている方にもおすすめです!

続いて、3つ目のアタッシュケースと4つ目のダレスバッグですが、近年、こちらのバッグを利用するビジネスマンは少ないですね。

少ない理由として、バッグ自体が高級志向なので、価格が高いことと重量が重いためです。さらに近年は、ペーパーレス化が進んでいるため、書類を持ち運ぶ機会が少なくなったためです。

しかし、持っているだけで、「仕事ができる人」に見えるので、見た目や印象を重視した方におすすめです。

続いて、5つ目のリュック/バックパックですが、本来こちらはビジネスシーンでは好ましくないタイプのバッグです。

しかし両手が使えるので、通勤時とても楽なのが良いですね!

そのため、お客様と会う機会が少ないビジネスマンや、カジュアル服OKな職場に勤めている方におすすめです!

最後に3WAY・2WAYバッグですが、複数の役割を果たす多機能なバッグで、現在、とても人気です!

ブリーフケース、ショルダーバッグ、リュック/バックパックとして利用できるので、1つのバッグで複数のシチュエーションに対応することができます。

見た目もスーツに合うデザインとなっており、お客様と会う機会の多いビジネスマンでも安心して利用することができます。

そのため、自転車通勤の方や、その日の気分やコーデによってバッグの役割を変えたい方におすすめですよ!

【ポイント②】ナイロン・合皮・本革など素材を確認する!

理想のバッグのタイプが分かったところで、次は素材を決めます。

一般的な素材は以下3つになります。

主な素材は3つ

  1. ナイロン
  2. 合皮
  3. 本革

まず1つ目のナイロン素材ですが、こちらは低価格でさまざまなバッグで使われている素材です。

基本的にはカジュアルバッグに使われることが多く、見た目が安っぽく見えるので、高級志向のバッグを持ちたい方にはおすすめできません。

続いて2つ目の合皮ですが、別名フェイクレザーとも呼ばれる人工的に作られた偽物の革です。

見た目は、本革(本物の革)に似ていますが、経年変化(エイジング)せず、長持ちしないというデメリットがありますが、低価格で購入できるメリットがあります。

最後に3つ目の本革ですが、こちらは牛など天然の動物の皮が原材料で、メリットは長く愛用することができ、経年変化(エイジング)を楽しめることです。

本革はスーツに合い、利用するごとに味わい深さが増していくので、多くの方に人気ですね!

価格は高くなりますが、ビジネスマンであれば、本革のバッグは持っておきたいですね!

【ポイント③】防水・撥水加工とメンテナンス方法を確認する!

最後に素材が防水・撥水加工であるかを確認します。

特に自転車通勤や出張・外回りの多いビジネスマンは、防水・撥水加工であるかを必ず確認したほうが良いです。

まず、雨に濡れることが多い自転車通勤の方や外回りの多いビジネスマンであれば、防水・撥水加工が施されているバッグを選んだほうが良いです。

具体的には、ナイロン素材のバッグがおすすめです。登山用のバッグなどにもナイロン素材が使われていますね。

ちなみに本革は雨に弱いです。

ですが、雨に濡れた場合はすぐに拭き取り、毎月、1回程度のメンテナンス(専用クリームを塗る)を行うだけで大丈夫です。

使用している本革や製造工程によっても水に強い弱いがありますので、どうしても本革のバッグを利用したい方は、各ブランドで使われている本革の特徴やメンテナンス方法を確認しておくと良いでしょう!

【編集者厳選】おしゃれな人気メンズビジネスバッグブランド37選をランキングで紹介!

カスタムファッション編集者が独自の指標で、人気のメンズビジネスバッグを購入できるブランドを比較してランキング形式で紹介していきます。

どのブランドを選べ良いのかを悩んでいる方は、是非、参考にしてみてくださいね!

【比較表】メンズビジネスバッグブランド37選!

今回は以下4つの評価要素を5段階で評価し、総合評価(最高20点)でランキングにしてみました。

4つの評価要素

  1. 人気度:Googleの月間検索数が多いか
  2. 安い:バッグの価格帯
  3. 種類が豊富:バッグの種類が豊富であるか
  4. 多機能:2WAY・防水など機能性が充実しているか

上記4つの評価要素を総合的な観点で評価した結果、以下のランキングとなりました!

※ブランド名をクリックすると下部の詳細情報へスクロールします。

ブランド名 人気が高い 安い 種類が豊富 多機能
1位:オロビアンコ
合計:18/20点
5
4
5
4
2位:マスターピース
合計:17/20点
5
4
4
4
3位:サムソナイト
合計:17/20点
5
4
4
4
4位:ポーター吉田カバン
合計:17/20点
4
4
5
4
5位:マンハッタンポーテージ
合計:16/20点
5
4
3
4
6位:ザ・ノース・フェイス
合計:16/20点
5
5
2
4
7位:TUMI(トゥミ)
合計:16/20点
4
4
4
4
8位:COACH(コーチ)
合計:15/20点
5
3
5
2
9位:aniary(アニアリ)
合計:15/20点
5
4
4
2
10位:ゼロハリバートン
合計:15/20点
5
4
2
4
11位:ポール・スミス
合計:15/20点
3
4
5
3
12位:タケオキクチ
合計:15/20点
2
4
5
4
13位:Ace(エース)
合計:15/20点
2
4
5
4
14位:ビジネスレザーファクトリー
合計:14/20点
5
4
3
2
15位:ユナイテッドアローズ
合計:14/20点
2
4
5
3
16位:BEAMS(ビームス)
合計:14/20点
2
4
4
4
17位:SHIPS(シップス)
合計:14/20点
2
4
4
4
18位:ココマイスター
合計:13/20点
5
1
5
2
19位:PRADA(プラダ)
合計:13/20点
5
1
4
3
20位:ワンダーバゲージ
合計:13/20点
2
4
3
4
21位:GUCCI(グッチ)
合計:12/20点
5
1
4
2
22位:ルイ・ヴィトン
合計:12/20点
5
1
4
2
23位:UNIQLO(ユニクロ)
合計:12/20点
3
5
2
2
24位:L・L・ビーン
合計:12/20点
2
5
2
3
25位:ナノ・ユニバース
合計:12/20点
2
4
3
3
26位:トランジック
合計:12/20点
1
5
3
3
27位:アバンハリス
合計:12/20点
1
4
2
5
28位:GANZO(ガンゾ)
合計:11/20点
5
3
2
1
29位:エルゴポック
合計:11/20点
3
3
3
2
30位:ボッテガヴェネタ
合計:11/20点
3
1
4
3
31位:土屋鞄製作所
合計:11/20点
2
3
4
2
32位:バーバリー
合計:10/20点
5
1
2
2
33位:ラガシャ
合計:10/20点
1
4
2
3
34位:エルメス
合計:9/20点
5
1
2
1
35位:ハッシュタグ
合計:8/20点
1
4
1
2
36位:ダンヒル
合計:7/20点
2
1
3
1
37位:ブルガリ
合計:6/20点
2
1
2
1

※合計が同じ場合、人気度が高い順に表示しています。

上記比較表をもとに各ブランドの特徴を紹介していきます。

ランキングの詳しい内容は、下記のPDFをダウンロードして確認してください。

メンズビジネスバッグ人気ブランド37選ランキング(省略)

メンズビジネスバッグ人気ブランド37選

\PDFダウンロードはこちら!/

ランキング(PDF)をダウンロードする

1位:Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)の特徴は下記表のとおりです。

Orobianco(オロビアンコ)の特徴
価格帯 3万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ナイロン、本革、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)の発祥はイタリア・ミラノで、デザイン性のクオリティが高く高級感と清潔感をあわせ持っているのが特徴です。

バッグの価格帯は3万円~7万円代と、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定で、デザイン・品質ともにクオリティが高いことからビジネスマンに特に人気のブランドです!

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグに使われている素材は、リモンタナイロンという高級素材を利用しています。特徴として「耐久性に優れる」「軽量」「濡れても渇きやすい」という素材で、高級ブランドのバッグなどにも良く使われている素材です。

ターゲットユーザーは20代~50代まで幅広い世代が対象です。

Orobianco(オロビアンコ)のバッグを持っているだけで「仕事のできるビジネスマンに見える」ので、ワンランク上のビジネスバッグを検討している方におすすめです!

Orobianco(オロビアンコ)については、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

2位:MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)の特徴は下記表のとおりです。

MASTER PIECE(マスターピース)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ナイロン、本革、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)は、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用できるバッグを提供している日本のブランドです。

バッグの価格帯は2万円~8万円代で、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグに使われている素材は、ナイロンや本革などをメインに、撥水加工なども施されているため、さまざまなシーンで活躍することができます。

バッグの種類が多いので、他ブランドで気に入ったデザインが見つからなかったという方は、MASTER PIECE(マスターピース)がおすすめです!

3位:サムソナイト

サムソナイト

サムソナイトの特徴は下記表のとおりです。

サムソナイトの特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
× ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 カーブ、本革、レザー、ナイロンなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト Samsonite(サムソナイト)

サムソナイトは、1900年初頭アメリカのコロラド州デンバーで生まれた歴史あるバッグブランドです。

バッグの価格帯は2万円~8万円代で、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。

サムソナイトと言えば頑丈なトランクケースが有名で、さまざまなタイプのトランクケースを取り扱っています。

その他にも人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材ですが、トランクケースには耐久性の高い超軽量素材Curv®(カーブ)が使われており、ビジネスバッグには、本革、レザー、ナイロンなどさまざまな素材を使ったバッグを提供しています。

歴史あるバッグブランドなので信頼性があり、トラベルバッグを探している方やワンランク上のビジネスバッグを探している方におすすめのブランドです!

4位:ポーター吉田カバン

ポーター吉田カバン

ポーター吉田カバンの特徴は下記表のとおりです。

ポーター吉田カバンの特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト PORTER(ポーター)吉田カバン

ポーター吉田カバンは、若者に人気の日本のバッグブランドです。

バッグの価格帯は2万円~10万円代で、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグに使われている素材は、ナイロンやポリエステルがメインです。

ナイロン素材のビジネスバッグを探している方におすすめのブランドです!

また、直営店が多いので、実物のバッグを見たり触ったりしてから購入したい方におすすめです!

5位:Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)の特徴は下記表のとおりです。

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)は、ニューヨークで生まれたバッグブランドで、赤いロゴでも有名ですね!

最近はタグが黒いBLACK LABELも発売されており、赤い色に比べてロゴの主張が少ないので大人の方にもおすすめです!

バッグの価格帯は2万円~4万円代で、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグに使われている素材は、ナイロンやポリエステルがメインです。

ナイロン素材のビジネスバッグを探している方におすすめのブランドです!

6位:THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)の特徴は下記表のとおりです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)の特徴
価格帯 5千円~
取扱いバッグのタイプ × ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
× トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ナイロンなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)は、アウトドア用品を販売するアメリカのブランドで、日本でも登山用品が特に人気なので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は5千円~5万円代で、比較的低価格の設定となっています。

バッグのタイプは、アウトドア向けのため、リュックやショルダーバッグがメインとなります。

バッグに使われている素材も、アウトドアで利用されることを考慮して、防水性の高いナイロンが使われています。

アウトドア用品でよく利用されるため、自転車通勤の方におすすめのブランドです。

7位:TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)の特徴は下記表のとおりです。

TUMI(トゥミ)の特徴
価格帯 6万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ポリカーボネイト、ナイロン、レザー、本革など
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)は、トラベルバッグやキャリーケースが特に人気のアメリカのバッグブランドです。

一般的なバッグの価格帯は2万円~8万円代で、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。キャリーケースは商品数が多いため、7万円~30万円代まで幅広くなっています。

TUMI(トゥミ)と言えば頑丈なトランクケースが有名で、さまざまなタイプのトランクケースを取り扱っています。

その他にも人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材ですが、キャリーケースには軽量で耐久性の高い熱可塑性ポリプロピレン複合素材が使われています。ビジネスバッグにも耐久性の高いナイロンや、レザー、本革などさまざまな素材が使われています。

キャリーケースからビジネスバッグまで取り扱っているので、トラベルバッグを探している方や出張の多いビジネスマンにおすすめのブランドです。

8位:COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)の特徴は下記表のとおりです。

COACH(コーチ)の特徴
価格帯 8万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 レザーなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト COACH(コーチ)

COACH(コーチ)は、アメリカのファッションブランドで、財布やバッグなど革製品が日本でも有名ですね。

バッグの価格帯は8万円~11万円代となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグに使われている素材には、キズの付きにくいクロスグレインレザーなどが使用しているため、長く愛用することができるのも特徴です!

シンプルなデザインから、インパクトのあるCのモノグラムなど、さまざまなデザインを取り扱っているので、凝ったデザインのバッグを探している方におすすめです!

9位:aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)の特徴は下記表のとおりです。

aniary(アニアリ)の特徴
価格帯 3万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 レザーなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)は、レザーバッグを利用したい方におすすめのブランドです!

バッグの価格帯は3万円~5万円代と、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックなど、さまざまなタイプを取り扱っており、無駄な装飾がない極めてシンプルなデザインとなっています。

また、カラーバリエーションが豊富なので、好みのコーデに合わせやすく、ビジネスだけでなくカジュアルシーンでも利用できることが人気となっています。

バッグに使われている素材は、高品質のレザーを利用しています。

レザーバッグが好きな方、装飾品の少ないシンプルなデザイン、そしてワンランク上のビジネスバッグを探している方におすすめです!

aniary(アニアリ)については、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

10位:ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)の特徴は下記表のとおりです。

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ポリカーボネート樹脂、強化プラスチック、ナイロンなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)は、1938年アメリカ発祥のバッグブランドです。

アポロ11号が月の石を地球に持ち帰った際にゼロハリバートン製ケースを利用したということもあり、ご存じの方も多いと思います。

一般的なバッグの価格帯は2万円~8万円台で、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。キャリーケースは商品数が多いため、2万円~20万円代まで幅広くなっています。

バッグのタイプは、キャリーケースやアタッシュケースがメインとなっています。

その他にも人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材ですが、キャリーケースやアタッシュケースには、耐久性に長けたアルミニウム素材が使われており、優れた剛性とセキュリティーが備わっています。ビジネスバッグにも耐久性の高いナイロン素材が使われています。

キャリーケースからビジネスバッグまで取り扱っているので、セキュリティーを重視したトラベルバッグを探している方や出張の多いビジネスマンにおすすめのブランドです。

11位:Paul Smith(ポール・スミス)

Paul Smith(ポール・スミス)

Paul Smith(ポール・スミス)の特徴は下記表のとおりです。

Paul Smith(ポール・スミス)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト Paul Smith(ポール・スミス)

Paul Smith(ポール・スミス)は、イギリスのファッションデザイナーであるポール・スミスのファッションブランドです。

バッグの価格帯は2万円~10万円代と、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグに使われている素材は、本革やポリエステルがメインです。

Paul Smith(ポール・スミス)は、バッグの他にもスーツや靴なども取り扱っているため、一式をブランドで揃えたい方におすすめです!

また、全国に店舗があるので、実物を見たり触ったりしてから購入したい方にもおすすめです!

12位:TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)の特徴は下記表のとおりです。

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)は、日本のメンズファッション向けブランドです。

バッグの価格帯は2万円~3万円代で、比較的お手頃な価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグに使われている素材は、本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルが使われています。

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)は、バッグの他にもスーツや靴なども取り扱っているため、一式をブランドで揃えたい方におすすめです!

また、全国に店舗があるので、実物を見たり触ったりしてから購入したい方にもおすすめです!

13位:Ace(エース)

Ace(エース)

Ace(エース)の特徴は下記表のとおりです。

Ace(エース)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ポリエステル、ナイロン、本革、人工皮革など
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト Ace(エース)

Ace(エース)は、創業80年を超える日本のバッグブランドで、自社の商品だけでなく他ブランドの商品も取り扱っています。

自社だけでなく、さまざまなブランドの商品も取り扱っているため、バッグの価格帯は2万円~20万円代まで幅広い価格となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグに使われている素材は、ポリエステル、ナイロン、本革、人工皮革などが使われています。

さまざまなブランドを取り扱っているので、色々なブランドを見比べてみたい方におすすめです!

Ace(エース)以外のブランドで気に入ったバッグが見つかった場合は、本家で購入したほうが安かったりアフターフォローが充実している場合があります。

14位:Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)の特徴は下記表のとおりです。

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)の特徴
価格帯 1万4千円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革など
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト ビジネスレザーファクトリー

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)は、最高級牛本革を利用したバッグや、財布、シューズ、ステーショナリーを取り扱う革製品のブランドです。

バッグの価格帯は、1万円代というお手軽な価格設定となっています。低価格の理由は、製作工程のほぼすべてを自社で行うことで、無駄な中間コストを省いているためで、決して品質の悪いバッグを提供しているわけではありません。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックがメインで種類は多くありませんが、シンプルなデザインのため、飽きることなく長く愛用することができます。

バッグに使われている素材は、品質の良い最高級牛本革を利用しています。

ターゲットユーザーは、20代~50代の男性と女性で、低価格で高品質という理由で近年人気となっています。

シンプルなデザインが好きな方、お手頃な価格で品質の良い最高級牛本革のバッグを探している方におすすめです!

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)については、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

15位:UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の特徴は下記表のとおりです。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト ユナイテッドアローズ

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)は、さまざまなブランドのカジュアル衣類をメインに取り扱うセレクトショップです。

日本でも人気のブランドなので、多くの方がご存じですね。UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)では、メンズスーツやバッグなども展開しています。

さまざまなブランドを取り扱っているためバッグの価格帯は2万円~11万円代と価格差が広くなっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなブランドのバッグを取り扱っています。

バッグに使われている素材は、本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなどがメインとなっています。

独自の商品もありますので、普段からUNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)を利用している方におすすめです!

16位:BEAMS(ビームス)

BEAMS(ビームス)

BEAMS(ビームス)の特徴は下記表のとおりです。

BEAMS(ビームス)の特徴
価格帯 1万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト BEAMS(ビームス)

BEAMS(ビームス)は、さまざまなブランドのカジュアル衣類をメインに取り扱うセレクトショップです。

日本でも人気のブランドなので、多くの方がご存じですね。BEAMS(ビームス)では、メンズスーツやバッグなども展開しています。

さまざまなブランドを取り扱っているためバッグの価格帯は1万円~30万円代と価格差が広くなっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなブランドのバッグを取り扱っています。

バッグに使われている素材は、本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなどがメインとなっています。

独自の商品もありますので、普段からBEAMS(ビームス)を利用している方におすすめです!

17位:SHIPS(シップス)

SHIPS(シップス)

SHIPS(シップス)の特徴は下記表のとおりです。

SHIPS(シップス)の特徴
価格帯 1万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト SHIPS(シップス)

SHIPS(シップス)は、さまざまなブランドのカジュアル衣類をメインに取り扱うセレクトショップです。

日本でも人気のブランドなので、多くの方がご存じですね。SHIPS(シップス)では、メンズスーツやバッグなども展開しています。

バッグの価格帯は1万円~7万円代となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなブランドのバッグを取り扱っています。

バッグに使われている素材は、本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなどがメインとなっています。

独自の商品もありますので、普段からSHIPS(シップス)を利用している方におすすめです!

18位:COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)の特徴は下記表のとおりです。

COCOMEISTER(ココマイスター)の特徴
価格帯 10万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト ココマイスター

COCOMEISTER(ココマイスター)は、日本製のハイエンド革製品ブランドです!

上質な革製品を使ったバッグを提供しているのが特徴で、バッグ以外にも財布、名刺入れなど高級革製品を使ったアイテムを取り扱っています。

バッグの価格帯は、極上革製品を利用していることと、製作は熟練した日本の職人達が行っているため10万円を超えます。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、ダレスバッグ、アタッシュケースなど大人の男性が持つとかっこいいタイプのバッグを取り扱っています。

高級感と正統派を重視しているブランドなので、3WAYバッグなどトレンドのバッグは取り扱っておらず、世界で通用するビジネスバッグを提供しています。

バッグに使われている素材は、天然皮革を利用しており、経年変化(エイジング)を楽しむことができます。

バッグの価格が10万円を超えますので、ターゲット層としては高級バッグを持ちたい30代以上の方におすすめです!

COCOMEISTER(ココマイスター)のバッグについては、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

19位:PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)の特徴は下記表のとおりです。

PRADA(プラダ)の特徴
価格帯 17万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 レザー、プレシャススキンなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)は、イタリアを代表とする高級ファッションブランドです。

高級ブランドとして世界中で有名ですね!

バッグの価格帯は17万円~200万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っており、デザインが豊富なのも特徴です。

バッグの素材は、レザー、プレシャススキン、クロコダイルなど高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方や、デザインを重視したい方におすすめです!

20位:WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)の特徴は下記表のとおりです。

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)の特徴
価格帯 1万5千円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 バリスターナイロン、ツイルナイロンなど
機能性 × 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)は、シンプルなデザインと多機能を両立したアイテムを提供する日本製のバッグブランドです。

価格は1万5千円~3万5千円代でお手頃な価格設定です。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、流行りの3WAYバッグなど、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグの素材は、防弾チョッキの外側に使われる強度で上質な国産ナイロンを使用しており、高い防水性能も兼ね備えています。

ちなみに2年間の無償修理にも対応しているので、安心して利用することが可能です。

長く愛用できる3WAYバッグを探している方や、急な雨に濡れても安心ですので、外回りがメインのビジネスマンにおすすめです!

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)については、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

21位:GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)の特徴は下記表のとおりです。

GUCCI(グッチ)の特徴
価格帯 18万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 レザーなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)は、イタリアの高級ファッションブランドです。

日本でもバッグや財布が人気ですので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は18万円~30万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、レザーをメインに高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方おすすめです!

22位:Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)の特徴は下記表のとおりです。

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)の特徴
価格帯 16万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革、タイガ・レザー、アリゲーターなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)は、フランスの高級ファッションブランドです。

日本でもバッグや財布が人気ですので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は16万円~100万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、本革、タイガ・レザー、アリゲーターなど高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方おすすめです!

23位:UNIQLO(ユニクロ)

UNIQLO(ユニクロ) バッグ

UNIQLO(ユニクロ)の特徴は下記表のとおりです。

UNIQLO(ユニクロ)の特徴
価格帯 4千円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト ユニクロ

UNIQLO(ユニクロ)は、衣料品販売をメインとした日本のブランドです。日本全国に店舗があるので、多くの方がご存じですね!

バッグの価格帯は4千円~1万円代とリーズナブルな価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、カジュアルタイプのバッグを多く取り扱っています。

バッグの素材は、ナイロンやポリエステルをメインに使用しています。

とにかく安い価格でバッグが欲しい方におすすめです。

UNIQLO(ユニクロ) ビジネスバッグ

24位:L.L.Bean(L・L・ビーン)

L.L.Bean(L・L・ビーン)

L.L.Bean(L・L・ビーン)の特徴は下記表のとおりです。

L.L.Bean(L・L・ビーン)の特徴
価格帯 5千円~
取扱いバッグのタイプ × ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
× ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 ナイロン、ポリエステル、綿など
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト L.L.Bean(エルエルビーン)

L.L.Bean(L・L・ビーン)は、アメリカのアウトドア用品メーカです。

キャンプや登山が好きな方であれば、ご存じの方が多いと思います。

バッグの価格帯は5千円~4万円代で、比較的リーズナブルな価格設定となっています。

バッグのタイプは、アウトドア向けのため、リュックやトラベルバッグがメインとなります。

バッグに使われている素材も、アウトドアで利用されることを考慮して、防水性の高いナイロンがメインに使われています。

アウトドア用品でよく利用されるため、自転車通勤の方におすすめのブランドです。

25位:nano・universe(ナノ・ユニバース)

nano・universe(ナノ・ユニバース)

nano・universe(ナノ・ユニバース)の特徴は下記表のとおりです。

nano・universe(ナノ・ユニバース)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト nano・universe(ナノ・ユニバース)

nano・universe(ナノ・ユニバース)は、さまざまなブランドのカジュアル衣類をメインに取り扱うセレクトショップです。

日本でも人気のブランドなので、多くの方がご存じですね。nano・universe(ナノ・ユニバース)では、メンズスーツやバッグなども展開しています。

さまざまなブランドを取り扱っているためバッグの価格帯は2万円~9万円代と価格差が広くなっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなブランドのバッグを取り扱っています。

バッグに使われている素材は、本革、合成皮革、ナイロン、ポリエステルなどがメインとなっています。

独自の商品もありますので、普段からnano・universe(ナノ・ユニバース)を利用している方におすすめです!

26位:TRANSIC(トランジック)

TRANSIC(トランジック)

TRANSIC(トランジック)の特徴は下記表のとおりです。

TRANSIC(トランジック)の特徴
価格帯 1万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 本革
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト TRANSIC(トランジック)

TRANSIC(トランジック)は、品質の良いレザーバッグを低価格で提供しているバッグのセレクトショップです!

価格帯は1万円~7万円代で、手軽に購入できるビジネスバッグから、ワンランク上のビジネスバッグを取り扱っています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っており、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用可能なデザインとなっています。

バッグの素材は、イタリア・トスカーナ、バングラデシュ、中国を中心に品質の良いレザーを安く仕入れています。

ちなみに安く仕入れられる理由ですが、もともと貿易商社として創業した経緯から海外とのコネクションがあるためです。

お手頃な価格設定でカラーバリエーションも豊富なので、コーデに合わせて色違いのバッグを複数購入するのおしゃれで良いですね!

また、できるだけ同じブランドを長く愛用したい方であれば、低価格のバッグからスタートし、給料がUPするごとにワンランク上のバッグを購入するのも良いですね!

TRANSIC(トランジック)については、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

27位:Avan Harris(アバンハリス)|Urban Peak(アーバンピーク)

Avan Harris(アバンハリス)

Avan Harris(アバンハリス)の特徴は下記表のとおりです。

Avan Harris(アバンハリス)の特徴
価格帯 2万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
× トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 600D(デニール)ナイロン、ポリウレタンなど
機能性 〇 4WAY
〇 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト Avan Harris(アバンハリス)

Avan Harris(アバンハリス)とは、日本人が立ち上げたアウトドアブランドです。

現在、バッグの種類は4WAYのUrban Peak(アーバンピーク)1種類のみで価格は2万円~となっています。

4WAYバッグは、バックパック、ショルダー、メッセンジャー、ボストンと4種類の使い方ができます。

多機能バッグの場合、装飾品が多くなるため、どうしてもデザイン性が悪くなりがちですが、Urban Peak(アーバンピーク)はデザインも洗練されているところが魅力です!

バッグの素材は、600D(デニール)ナイロンが使用されており、高い防水機能が備わっています。また、容量は35Lで、USBコネクタ、盗難防止など22機能が付いています。

そのため、ビジネス、カジュアル、登山などあらゆるシーンで利用できるバッグとなっています!

大容量の多機能バッグですので、出張が多い方、仕事帰りにスポーツジムへ通う方など、普段から荷物が多い方におすすめのブランドです!

※限定生産品で毎月100個のみ販売となりますので、購入は早めが良いです!

Avan Harris(アバンハリス)のバッグUrban Peak(アーバンピーク)については、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

28位:GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)の特徴は下記表のとおりです。

GANZO(ガンゾ)の特徴
価格帯 4万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 牛革
機能性 × 4WAY
× 3WAY
× 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)は、日本の皮革製品メーカーです。

価格帯は4万円~10万円代と、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをメインに取り扱っています。

バッグの素材は、本格派の皮革製品メーカーということもあり、上質な本革を使用して日本の職人が縫製を行っています。

本革を使用している高品質のバッグが欲しい方におすすめです!

GANZO(ガンゾ)財布についての詳細は以下の記事で解説しています。

29位:HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)の特徴は下記表のとおりです。

HERGOPOCH(エルゴポック)の特徴
価格帯 3万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 牛革
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)は、70年以上鞄作りを行ってきた株式会社キヨモトが、2005年に立ち上げたオリジナルバッグブランドです!

価格帯は3万円~6万円代と、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、2WAYタイプがメインで、カラーバリエーションが豊富なアイテムを数多く取り揃えています。

バッグの素材は本革を使用し、素材の開発、デザイン、縫製まですべて日本で行われているメイド・イン・ジャパンのアイテムで高品質です。

価格帯3万円~6万円代のため、ワンランク上の本革ビジネスバッグをお探し他の方におすすめです!

HERGOPOCH(エルゴポック)については、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

30位:BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)の特徴は下記表のとおりです。

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)の特徴
価格帯 10万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 牛革、羊革、真鍮、ナイロン、レーヨン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)は、バッグなどのレザーアクセサリーを中心に販売を行っているイタリアを代表するラグジュアリーブランドです。

バッグの価格帯は10万円~100万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、牛革、羊革、真鍮、ナイロン、レーヨン、ポリエステルなど高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方おすすめです!

31位:土屋鞄製作所

土屋鞄製作所

土屋鞄製作所の特徴は下記表のとおりです。

土屋鞄製造所の特徴
価格帯 5万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 レザー、牛革
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト 土屋鞄製造所

土屋鞄製造所は、皮革製品を中心に販売を行っている日本のアクセサリーブランドです。

バッグの価格帯は5万円~20万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、人気の2WAYなどさまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、レザー、牛革など高級素材を使用しています。

ワンランク上のブランドバッグを探している方におすすめです!

32位:Burberry(バーバリー)

Burberry(バーバリー)

Burberry(バーバリー)の特徴は下記表のとおりです。

Burberry(バーバリー)の特徴
価格帯 18万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 牛革、ナイロン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト Burberry(バーバリー)

Burberry(バーバリー)は、イギリスを代表する高級ファッションブランドです。

日本でもバッグや財布が人気ですので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は18万円~40万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、人気の2WAYなどさまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、牛革、ナイロン、ポリエステルなど高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方おすすめです!

33位:Lagasha (ラガシャ)

Lagasha (ラガシャ)

Lagasha (ラガシャ)の特徴は下記表のとおりです。

Lagasha (ラガシャ)の特徴
価格帯 1万8千円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 合成皮革、コットン、66ナイロン、 デニムなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
〇 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト Lagasha (ラガシャ)

Lagasha (ラガシャ)は、1890年創業日本の老舗バッグメーカー株式会社トーリンが展開するオリジナルバッグブランドです!

バッグの価格帯は1万8千円~10万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、人気の2WAYなどさまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、合成皮革、コットン、66ナイロン、 デニムなどを使用しています。

比較的お手頃な値段で、高品質のビジネスバッグを探している方におすすめです!

34位:HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)の特徴は下記表のとおりです。

HERMES(エルメス)の特徴
価格帯 40万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
× トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 レザーなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
× 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)は、フランスの高級ファッションブランドです。

日本でもケリーやバーキンなどのバッグが人気ですので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は40万円~100万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、レザーなど高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方おすすめです!

35位:HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)の特徴は下記表のとおりです。

HushTug(ハッシュタグ)の特徴
価格帯 1万9千円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
× ショルダーバッグ
× キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 モンゴルレザー
機能性 × 4WAY
× 3WAY
× 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
〇 防水/撥水
公式サイト HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)は、メンズ向けレザーブランドです。

価格は1万9千円でお手頃な価格設定となっています。

バッグのタイプは、バッグのタイプは、ブリーフケース、リュック、トートバッグの3種類のみとなります。

バッグに使われている素材は、ドイツなど某高級車メーカーのシートに使われている「革の頑丈さ」で有名なモンゴルレザーを使用しています。

また、バッグは「クロームなめし」という手法で製造しているため、経年変化(エイジング)や色落ちしにくい特徴があります。

そのため、購入時の状態を長く維持したまま愛用したいといった方におすすめのブランドです!

まだ立ち上げて間もないブランドではありますが、外部委託せず自社一貫で生産を行い、中間コストを省くことで、他ブランドと同じ品質の本革バッグが1/2程度の価格で購入できるようになっています。

HushTug(ハッシュタグ) ビジネスバッグ
HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)については、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

36位:dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)の特徴は下記表のとおりです。

dunhill(ダンヒル)の特徴
価格帯 13万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
〇 デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
〇 キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 牛革、コットン、ポリウレタン、ポリエステルなど
機能性 × 4WAY
× 3WAY
× 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)は、イギリスを代表する高級ファッションブランドです。

バッグの価格帯は13万円~60万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、牛革、コットン、ポリウレタン、ポリエステルなど高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方おすすめです!

37位:Bvlgari(ブルガリ)

Bvlgari(ブルガリ)

Bvlgari(ブルガリ)の特徴は下記表のとおりです。

Bvlgari(ブルガリ)の特徴
価格帯 14万円~
取扱いバッグのタイプ 〇 ビジネスバッグ/ブリーフケース
× デイパック/リュック
〇 トートバッグ
〇 ショルダーバッグ
バル キャリー/ボストンバッグ
バッグの素材 牛革
機能性 × 4WAY
× 3WAY
× 2WAY
〇 大容量/A4パソコン収納
× 防水/撥水
公式サイト Bvlgari(ブルガリ)

Bvlgari(ブルガリ)は、イタリアの高級宝飾品ブランドです。

特に高級ジュエリーが日本でも人気ですが、レザー商品も大変人気ですね!

バッグの価格帯は14万円~20万円代までとなっています。

バッグのタイプは、人気のブリーフケース、トート、リュックをはじめ、さまざまなタイプを取り扱っています。

バッグの素材は、牛革など高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方おすすめです!

リュック/バックパックのおすすめメンズビジネスバッグブランド5選

ここでは、上記で紹介したブランド37選の中からリュック/バックパックを数多く取り扱っているおすすめブランド5選を紹介していきます。

【おすすめ1】Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)の発祥はイタリア・ミラノで、デザイン性のクオリティが高く高級感と清潔感をあわせ持っているのが特徴です。

リュック/バックパックの価格帯は3万円~7万円代で、常時37種類以上がラインナップされており、スーツに似合うデザインが多いです。

【おすすめ2】MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)は、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用できるバッグを提供している日本のブランドです。

リュック/バックパックの価格帯は2万円~8万円代で、常時150種類以上がラインナップされているため、他ブランドで気に入ったリュック/バックパックが見つからない方におすすめです!

【おすすめ3】サムソナイト

サムソナイト

サムソナイトは、1900年初頭アメリカのコロラド州デンバーで生まれた歴史あるバッグブランドです。

リュック/バックパックの価格帯は2万円~8万円代で、常時40種類以上がラインナップされています。

PCやタブレットの専用収納スペースなど機能性を重視したリュック/バックパックを多数取り扱っているのが特徴です。

【おすすめ4】ポーター吉田カバン

ポーター吉田カバン

ポーター吉田カバンは、若者に人気の日本のバッグブランドです。

リュック/バックパックの価格帯は2万円~8万円代で、常時40種類以上がラインナップされています。

ナイロン素材を使用したリュック/バックパックを多数取り扱っているのが特徴です。

【おすすめ5】Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)は、ニューヨークで生まれたバッグブランドで、赤いロゴでも有名ですね!

リュック/バックパックの価格帯は2万円~4万円代で、常時90種類以上がラインナップされています。

ナイロン、ポリエステル素材を使用し、黒を基調としたリュック/バックパックを多数取り扱っているのが特徴です。

関連おすすめ記事:おすすめビジネスリュック

ビジネスリュックのおすすめブランドをまとめた記事です。ビジネスリュックに特化して紹介しています。

こちらの記事もおすすめ


ビジネスリュックおすすめ人気ランキング30選
メンズビジネスリュックおすすめ人気ブランド30選!2way・3wayタイプやコスパがいい通勤用バッグを紹介

トートのおすすめメンズビジネスバッグブランド8選

ここでは、上記で紹介したブランド37選の中からトートバッグを数多く取り扱っているおすすめブランド8選を紹介していきます。

【おすすめ1】Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)の発祥はイタリア・ミラノで、デザイン性のクオリティが高く高級感と清潔感をあわせ持っているのが特徴です。

トートバッグの価格帯は3万円~6万円代で、常時75種類以上がラインナップされており、デザイン数が多いのが特徴です。

【おすすめ2】MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)は、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用できるバッグを提供している日本のブランドです。

トートバッグの価格帯は2万円~7万円代で、常時60種類以上がラインナップされています。

レザーを使ったトートバッグが多く、シンプルで大人のデザインが好みの方におすすめです

【おすすめ3】ポーター吉田カバン

ポーター吉田カバン

ポーター吉田カバンは、若者に人気の日本のバッグブランドです。

トートバッグの価格帯は2万円~9万円代で、常時400種類以上がラインナップされています。

さまざまタイプのトートバッグを取り扱っているので、他ブランドで気に入ったデザインが見つからなかった方におすすめです!

【おすすめ4】aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)は、レザーバッグを利用したい方におすすめのブランドです!

バッグの価格帯は3万円~5万円代と、常時30種類以上がラインナップされています。

レザーを使ったトートバッグを取り扱っており、とにかくカラーバリエーションが豊富です!

【おすすめ5】COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)は、日本製のハイエンド革製品ブランドです!

トートバッグの価格帯は、極上革製品を利用していることと、製作は熟練した日本の職人達が行っているため10万円~20万円となります。

トートバッグの種類は8種類がラインナップされています。

天然皮革のトートバッグが欲しい方や、ハイブランドのトートバッグが欲しい方におすすめです!

【おすすめ6】HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)は、70年以上鞄作りを行ってきた株式会社キヨモトが、2005年に立ち上げたオリジナルバッグブランドです!

トートバッグの価格帯は3万円~4万円代で、常時40種類以上がラインナップされています。

本革を使ったトートバッグを多数取り扱っており、シンプルなデザインが特徴です。

【おすすめ7】BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)は、バッグなどのレザーアクセサリーを中心に販売を行っているイタリアを代表するラグジュアリーブランドです。

トートバッグの価格帯は10万円~100万円代で、常時30種類以上がラインナップされています。

牛革、羊革、真鍮など高級素材を使用し、エレガントなデザインのトートバッグを取り扱っています。

【おすすめ8】土屋鞄製造所

土屋鞄製作所

土屋鞄製造所は、皮革製品を中心に販売を行っている日本のアクセサリーブランドです。

トートバッグの価格帯は5万円~10万円代で、常時30種類以上がラインナップされています。

シンプルなデザインと上質のレザーを使用したトートバッグを取り扱っています。

3WAYのおすすめメンズビジネスバッグブランド8選

ここでは、上記で紹介したブランド37選の中から3WAYバッグを数多く取り扱っているおすすめブランド8選を紹介していきます。

【おすすめ1】Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)の発祥はイタリア・ミラノで、デザイン性のクオリティが高く高級感と清潔感をあわせ持っているのが特徴です。

3WAYバッグの価格帯は3万円~5万円代です。

大人のフォーマルなデザインとなっているので、ビジネスシーンで利用したい方におすすめです!

【おすすめ2】MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)

MASTER PIECE(マスターピース)は、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで利用できるバッグを提供している日本のブランドです。

3WAYバッグの価格帯は2万円~5万円代です。

他ブランドに比べてラインナップ数が多いのが特徴です。

【おすすめ3】サムソナイト

サムソナイト

サムソナイトは、1900年初頭アメリカのコロラド州デンバーで生まれた歴史あるバッグブランドです。

3WAYバッグの価格帯は2万円~7万円代です。

どの年代の方が持っても問題ないシンプルなデザインが特徴です!

【おすすめ4】ポーター吉田カバン

ポーター吉田カバン

ポーター吉田カバンは、若者に人気の日本のバッグブランドです。

3WAYバッグの価格帯は2万円~8万円代です。

ナイロン、ポリエステルなどの素材を使用した3WAYバッグを数多く取り扱っています。

【おすすめ5】TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)は、トラベルバッグやキャリーケースが特に人気のアメリカのバッグブランドです。

3WAYバッグの価格帯は6万円~8万円代です。

耐久性の高いナイロンや、レザーを使用した3WAYバッグを取り扱っているのが特徴です。

【おすすめ6】Ace(エース)

Ace(エース)

Ace(エース)は、創業80年を超える日本のバッグブランドで、自社の商品だけでなく他ブランドの商品も取り扱っています。

3WAYバッグの価格帯は6万円~4万円代です。

自社と他社の商品を取り扱っているので、ラインナップ数が多いのが特徴です。

【おすすめ7】WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)は、シンプルなデザインと多機能を両立したアイテムを提供する日本製のバッグブランドです。

3WAYバッグの価格帯は2万円~3万円代です。

3WAYバッグのラインナップ数は少ないですが、防弾チョッキの外側に使われる強度で上質な国産ナイロンを使用しており、高い防水性能も兼ね備えています。

そのため、長く愛用できる3WAYバッグを探している方におすすめです!

【おすすめ8】Avan Harris(アバンハリス)|Urban Peak(アーバンピーク)

Avan Harris(アバンハリス)

Avan Harris(アバンハリス)とは、日本人が立ち上げたアウトドアブランドです。

3WAYバッグを超える4WAYバッグのUrban Peak(アーバンピーク)を取り扱っており、価格は2万円~となっています。

容量は35Lでバックパック、ショルダー、メッセンジャー、ボストンと4種類の使い方ができます。

そのため、大容量の多機能バッグを探している方におすすめです!

3WAYビジネスバッグの関連おすすめ記事

3WAYビジネスバッグだけをさらに詳しくした記事がありますので、詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。

本革使用のコスパが良くて安いおすすめのビジネスバッグブランド5選

ここでは、上記で紹介したブランド37選の中から本革しているのに、コスパが良いおすすめブランド5選を紹介していきます。

【おすすめ1】aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)は、日本製の革製品ブランドです。

バッグの価格帯は3万円~5万円代で、シンプルなデザインのレザーバッグを取り扱っています。

日本製なので、高品質のバッグをお手頃な価格で購入したい方におすすめです!

【おすすめ2】Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)は、最高級牛本革を利用したバッグや、財布、シューズ、ステーショナリーを取り扱う革製品のブランドです。

バッグの価格帯は1万円代というお手軽な価格設定となっています。

コスパの良い理由は、制作工程から販売まで、すべてを自社のみで行い、無駄な中間コストを省いているためです。

【おすすめ3】TRANSIC(トランジック)

TRANSIC(トランジック)

TRANSIC(トランジック)は、品質の良いレザーバッグを低価格で提供しているバッグのセレクトショップです!

バッグの価格帯は1万円~7万円代で、手軽に購入できるビジネスバッグから、ワンランク上のビジネスバッグを取り扱っています。

コスパの良い理由は、もともと貿易商社として創業した経緯から海外とのコネクションがあり、イタリア・トスカーナ、バングラデシュ、中国を中心に品質の良いレザーを安く仕入れることができるためです。

【おすすめ4】HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)は、70年以上鞄作りを行ってきた株式会社キヨモトが、2005年に立ち上げたオリジナルバッグブランドです!

バッグの価格帯は3万円~4万円代です。

バッグの素材は本革を使用し、素材の開発、デザイン、縫製まですべて日本で行われているメイド・イン・ジャパンのアイテムで高品質です。

【おすすめ5】HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)は、メンズ向けレザーブランドです。

価格は1万9千円でお手頃な価格設定で、バッグに使われている素材は、ドイツなど某高級車メーカーのシートに使われている「革の頑丈さ」で有名なモンゴルレザーを使用しています。

コスパの良い理由は、外部委託せず自社一貫で生産を行い、中間コストを省いているためです。

HushTug(ハッシュタグ)は、ブランドが立ち上がったばかりということで、認知度が低く、バッグのラインパップが少ないため、今回の評価要素では低い結果となりましたが、提供しているバッグは高品質ですよ。

HushTug(ハッシュタグ) ビジネスバッグ
HushTug(ハッシュタグ)

高級・ハイブランドのおすすめメンズビジネスバッグブランド9選

ここでは、上記で紹介したブランド37選の中から高級なおすすめハイブランド9選を紹介していきます。

【おすすめ1】COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)は、日本製のハイエンド革製品ブランドです!

バッグの価格帯は10万円~20万円で、アタッシュケースは50万円ほどになります。

素材も極上革を使用し、製作は熟練した日本の職人達が行っており、バッグの最高峰といっても過言ではありません。

【おすすめ2】PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)は、イタリアを代表とする高級ファッションブランドです。

高級ブランドとして世界中で有名ですね!

バッグの価格帯は17万円~200万円代まで幅広い価格設定となっています。

素材もレザー、プレシャススキンなど一級品を使用しており、クロコダイルなど高級素材も取り扱っているのが特徴です。

ハイブランドの中でも特にバッグのラインナップ数が多いのもおすすめポイントです!

【おすすめ3】GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)は、イタリアの高級ファッションブランドです。

日本でもバッグや財布が人気ですので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は18万円~30万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグの素材は、レザーをメインに高級素材を使用しています。

カジュアルシーンで利用できるバッグを数多く提供しており、ビジネスシーン向けのバッグは少ない傾向にあります。

【おすすめ4】Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)は、フランスの高級ファッションブランドです。

日本でもバッグや財布が人気ですので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は16万円~100万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグの素材は、本革、タイガ・レザー、アリゲーターなど高級素材を取り扱っています。

【おすすめ5】BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)は、バッグなどのレザーアクセサリーを中心に販売を行っているイタリアを代表するラグジュアリーブランドです。

バッグの価格帯は10万円~100万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグの素材は、牛革、羊革、真鍮、ナイロン、レーヨン、ポリエステルなど高級素材を使用しています。

【おすすめ6】Burberry(バーバリー)

Burberry(バーバリー)

Burberry(バーバリー)は、イギリスを代表する高級ファッションブランドです。

日本でもバッグや財布が人気ですので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は18万円~40万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグの素材は、牛革、ナイロン、ポリエステルなど高級素材を使用しています。

【おすすめ7】HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)は、フランスの高級ファッションブランドです。

日本でもケリーやバーキンなどのバッグが人気ですので、ご存じの方が多いですね!

バッグの価格帯は40万円~100万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグの素材は、レザーなど高級素材を使用しています。

【おすすめ8】dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)は、イギリスを代表する高級ファッションブランドです。

バッグの価格帯は13万円~60万円代まで幅広い価格設定となっています。

バッグの素材は、牛革、コットン、ポリウレタン、ポリエステルなど高級素材を使用しています。

ハイブランドのバッグを探している方おすすめです!

【おすすめ9】Bvlgari(ブルガリ)

Bvlgari(ブルガリ)

特に高級ジュエリーが日本でも人気ですが、レザー商品も大変人気ですね!

バッグの価格帯は14万円~20万円代までとなっています。

バッグの素材は、牛革など高級素材を使用しています。

まとめ:編集者がおすすめするのはOrobianco(オロビアンコ)!

おしゃれで人気のメンズビジネスバッグを購入できるおすすめブランド37選を紹介してきました。

最後にもう一度、カスタムファッション編集者が特におすすめしたいブランドを紹介します。

お手頃な価格でおすすめなブランドは、Orobianco(オロビアンコ)です。

Orobianco(オロビアンコ)がおすすめな理由は以下のとおりです。

おすすめな理由!

  • 価格帯は3万円~7万円代で、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定
  • ビジネスバッグ、トート、3WAYなど人気のバッグを取り扱っている

まず、Orobianco(オロビアンコ)は、頑張るビジネスマンに理想的な価格設定なのが嬉しいですね!

また、ビジネスバッグの種類も豊富で、人気の3WAYバッグなども扱っているので、どのブランドが良いか迷ったら、まずはOrobianco(オロビアンコ)から探してみるのが良いです!

高級志向でおすすめなのは、日本製のハイエンド革製品ブランドCOCOMEISTER(ココマイスター)です。

おすすめな理由!

  • 日本の革製品ハイブランドでもっとも正統派
  • 高級革製品を取り扱っている

ハイブランドの高級バッグが欲しい方は、日本の革製品ハイブランドでもっとも正統派のCOCOMEISTER(ココマイスター)がおすすめです!

革製品の専門店なので、アフターケアも充実しており、長く愛用できるビジネスバッグを購入することができますよ!

その他にも、近年はたくさんのブランドが増えてきましたので、是非、自分に合ったブランドを探してみてください!

以上、カスタムファッション編集者が厳選したメンズビジネスバッグブランド37選の紹介でした!

カスタムファッション編集者が厳選した、おすすめメンズビジネスバッグブランド37選のランキングは、下記からPDFをダウンロードできます!

メンズビジネスバッグ人気ブランド37選ランキング(省略)

メンズビジネスバッグ人気ブランド37選

\PDFダウンロードはこちら!/

ランキング(PDF)をダウンロードする

もう一度ブランドランキングを見る

関連おすすめ記事

ビジネスリュックおすすめ人気ランキング30選
メンズビジネスリュックおすすめ人気ブランド30選!2way・3wayタイプやコスパがいい通勤用バッグを紹介

バッグ(鞄)の人気キーワード

-バッグ(鞄)

© 2020 CUSTOM FASHION MAGAZINE(カスタムファッションマガジン)