ワクワクするクローゼットに、明日着たい服を。

わくわくするクローゼットに、明日着たい服を
CUSTOM FASHION MAGAZINE読者のみなさん、こんにちは。「片付け」や「収納」を中心に、暮らしを心地よいものに整えるための情報をお届けしています、整理収納アドバイザーのmaikoと申します。

一見すると、関わりのないファッションと整理収納ですが、実はそうではありません。
ファッションを楽しむために、整理収納ができることがちゃんとあるんです。

…ということで、今回、はじめて掲載していただくことになりました。

ファッションを楽しむには、クローゼットからスタートです。今回は、お悩みの多い「クローゼットの整理」についてお届けします。

悩みのタネ?クローゼットの整理

なかなかうまくいかない、クローゼットの整理。

「着ていない服はたくさんあるけど、どうやって整理したらいいかわからない」といった声もよく聞かれます。1年以上着ていない服でも、いざ手に取ってみると特に傷んでいるわけでもなく、「まだ着れるかも」と思ってしまい、手放すことを躊躇してしまいますよね。

しかし、気づくとすぐにパンパンになってしまうクローゼットは、ファッションの楽しみをジャマするストレスとなっているかもしれません。

着ていない服が詰まったクローゼット、ちょっと息苦しくないですか?

「着たい服」と「着れる服」

洋服
「着ていない服を手放さなくちゃ」と整理をはじめても、なかなかスムーズにはいかないものですよね。ずっと着ていなかった服でも、「また着るかも」「傷んでいないのにもったいない」「高かったから」などと思ってしまい、結局手放すことができずに、ただ時間が過ぎていくだけ、なんてことも少なくありません。

たくさん活躍したことで傷んでしまった服は手放すことができても、着ていないという理由だけで手放すのは、気がひけるというのもあるかもしれません。

ですが、「また着るかも」「傷んでいないのにもったいない」「高かったから」といった理由で手放すことをやめた服が、その後に活躍することは、残念ながらほとんどありません。

「ファッションの楽しみは着たい服を着ること」だとわかっていても、いざクローゼットの整理をはじめると、なぜか自分の「着たい」と思う気持ちは後回しになり、その服を手放さないための理由を探してしまい、「着れる」ことにとらわれてしまうのです。

大切なのは、手放さないための理由ではなく、その服を「着たい」と思う気持ち。「着たい服」と「着れる服」はちがうのです。

キーワードは「明日着たい服」

ハンガー
ずっと着ていなかった服でも、自分がいいと思って手に入れたものであれば、手放すのに迷う気持ちが生まれるのも当然のこと。なかなか、「なんでこんな服買っちゃったんだろう」とは思いません。(思っていたら、迷わずに手放しますよね)あらためて手にとってみたら、「やっぱりいい」「いつか着たい」と思うことが多くなる方が自然かもしれませんね。

しかし、残念ながら「いつか着たい」の「いつか」もほとんどやってこないのです。そこで、クローゼットの整理でキーワードにしたいのが、「明日着たい服」です。

クローゼットに並ぶ服を1着ずつ手にとり、時には実際に着てみて、「明日着たい」かどうかを考えてみてください。実際に着るのは、明日ではなくてかまいません。目的は、着たいのは「いつ」なのか、その場面をイメージすること。着たい時がある服は、これからもきっと活躍してくれるにちがいありません。

今の自分のためのクローゼットに

ハンガー
「明日着たい服」がキーワードのクローゼットの整理は、とにかく着ていない服を手放さないといけないの?と感じるかもしれませんが、目的は、「着ていない服を手放すこと」ではなく、「今の自分のためのクローゼットにアップデートすること」です。

服はあるのに、何を着ていいかわからないと思うのは、今の自分のためのクローゼットではないないからかもしれません。人間関係と同じく、クローゼットも風通しのいい方がいいですよね。シーズンが変われば、新しい服が増え、手放す服もある。それでいいんです。

それに、パンパンのクローゼットには、やはり多くのデメリットが潜んでいるのは、紛れもない事実。持っている服を把握できていなければ、生かしてあげることもできません。ギュウギュウの状態から取り出してシワになった服では、着たい気持ちも半減してしまうでしょう。

わくわくするクローゼットに

わくわくするクローゼットに
「明日着たい服」が並ぶクローゼット。イメージするとわくわくしませんか?

もちろん、まだ着れる服を手放すことに抵抗があるのは当然のこと。モノを大切にする気持ちはそのままに、着たい服を着る「今の自分」を大切にしてほしいと思います。

今の自分のための、わくわくするクローゼット。誰に遠慮をする必要もありません。「明日着たい」と思える、自分の「好き」が詰まったクローゼットを、ファッションを、そして毎
日の暮らしを楽しみませんか。

maiko

著者:maiko

整理収納アドバイザー。札幌にて「暮らすイロイロ」を主宰。「“暮らす”を楽しむため、暮らしをラクに」をコンセプトに、片付けサービス、自宅セミナー、リノベーションプランサポート、WEB執筆等の活動を展開中。
ブログ:暮らすキロク Instagram

-ファッション情報・コラム

© 2020 CUSTOM FASHION MAGAZINE(カスタムファッションマガジン)